涅槃図の絵解き⑥

阿修羅(あしゅら)


 阿修羅は三面六臂の姿をした仏法の守護神で、八部衆の一尊です。画面中央のやや上、沙羅双樹の間でお釈迦様を見つめるように描かれています。


 サンスクリットの「アースラ」(asura)が原語で、もとはインドの古代神話に出てくる神であり、戦闘を司ります。身体は赤色、または青黒色で、怒髪天を突き、裸で忿怒の形相をしています。


 古代インドの聖典『リグ・ヴェーダ』では、「最勝なる性愛」という意味ももっていました。しかし、アスラの娘を強引に奪った力の神・インドラ(帝釈天)に激しい怒りを抱き、戦闘を挑んでそれが大規模な戦争へと発展。結局敗北するが戦争は何度も行われたと、古代インド神話は伝えています。


 日本では、奈良興福寺の八部衆阿修羅像(国宝)や京都三十三間堂の二十八部衆阿修羅像(国宝)が特に有名です。



緊那羅(きんなら)

 

 緊那羅は仏法の守護神で八部衆の一尊です。画面の中央よりやや左上、沙羅双樹の間に描かれています。


 美しい歌声を持ち、音楽や歌舞をもって帝釈天に仕えるといいます。ヒマラヤ山中に住むとされ、人とも言えず人でないとも言えないという意味から「人非人」と称されます。竜や阿修羅と共に仏の説法を聴き、仏法に帰依してこれを守護する神となりました。


 涅槃図中ではよく象の冠をかぶった人の姿で描かれます。



迦樓羅(かるら)

 

 迦樓羅は仏法の守護神で八部衆の一尊です。画面中央よりやや右上、沙羅双樹の間に描かれています。


 もとはインド神話の鳥神で、サンスクリット語で「ガルーダ」といいます。別名を金翅鳥(こんじちょう)ともいい、口から火を吐き、金色の翼を広げると三百万里(約1200万km)にも達するといいます。


 仏教では、毒蛇から人を守り、龍や蛇を食らうように衆生の煩悩を食らう神とされ、梵天や大自在天、あるいは文殊菩薩の化身ともされます。



摩睺羅(まごら)

  

 摩睺羅は仏法の守護神で八部衆の一尊です。画面中央より右、沙羅双樹の間に描かれています。


 インド神話に出てくる蛇神で、後に仏教に取り入れられました。


 「これ楽神の類なり。その形は人身にして、しかも蛇首なり」(『慧琳音義』)

 「地龍という。無足腹行の神なり」(『維摩経略疏』)


 涅槃図では龍か蛇の冠をかぶった姿で描かれます。



<参考文献>

 WEB版新纂浄土宗大辞典

 WEB版 絵解き涅槃図 - 臨黄ネット

 『よくわかる絵解き涅槃図』 竹林史博著 青山社





 心行寺の涅槃図は縦270センチ×横160センチの絹地に肉筆で描かれた巨大な涅槃図です。軸心に延宝七年二月十二日(1679)十一世弁誉保残和尚代に、「芝・田町・札乃辻・表具師庄兵衛」と記録があります。



 涅槃会について 詳しくはこちら

浄土宗 心行寺

横浜市都筑区にある浄土宗のお寺、「心行寺」のホームページです。 当山は「紅葉のお寺」として親しまれており、晩秋には境内が赤や黄色に染まります。 また、境内には水琴窟があり、水の滴る美しい音色も併せてお聞きください。 横浜市営地下鉄「センター南」駅より遊歩道を歩くこと7分、 豊かな自然と静寂に包まれた四百年の伝統ある古刹に、 是非一度足を運ばれてはいかがでしょうか。

0コメント

  • 1000 / 1000