『今月のことば』ほか紅葉

 12月に入り、急に冬らしくなってきましたね。さて、今日は『今月のことば』をご紹介します。

 今月のことばは「脚下照顧」(きゃっかしょうこ)です。


 「脚下照顧」とは禅宗の教えで「自分の足元を見つめなおす」「自分自身をかえりみよ」という意味です。


 また、お寺にお参りするとき本堂の上り口などに「脚下照顧」と書かれた掲示をよく目にしますが、これは「はきものをそろえましょう」という意味合いがあります。


「脚下照顧」の教えを説いた有名な詩があります。


はきものを そろえると 心もそろう

心がそろうと はきものもそろう

ぬぐときに そろえておくと

はくときに 心がみだれない

だれかが みだしておいたら

だまって そろえておいてあげよう

そうすればきっと

世界中の 人の心も そろうでしょう


 これは、終戦直後に活躍された藤本幸邦師(長野県円福寺の住職)が小さな子どもにも分かりやすくと残して下さった詩です。


 私たちは日々の生活に忙しく、どうしても身の回りのことをおろそかにしてしまいます。

 

 朝起きて寝間着をベッドに脱ぎ散らかしたままにしていませんか。

 会社の机に書類を山積みにしていませんか。


 師走の大変忙しい時期ですが、ちょっと後ろを振り返って自分のはきものを整えてみましょう。

 そうすればきっと自分の「心を整える」きっかけができるかもしれません。



 さて心行寺の紅葉ももうすぐ終わりです。今の時期、紅葉の一番きれいなのは15時ごろ。西日をあびて赤や黄色が最も鮮やかに見える時間です。


 落ち葉を竹ほうきで掃除していると、心が落ち着いてきてとても穏やかな気分になります。これも一つの「脚下照顧」なのでしょう。

浄土宗 心行寺

横浜市都筑区にある浄土宗のお寺、「心行寺」のホームページです。 当山は「紅葉のお寺」として親しまれており、晩秋には境内が赤や黄色に染まります。 また、境内には水琴窟がありお手を清める際は、水の滴る美しい音色も併せてお聞きください。 横浜市営地下鉄「センター南」駅より遊歩道を歩くこと7分、 豊かな自然と静寂に包まれた四百年の伝統ある古刹に、是非一度足を運ばれてはいかがでしょうか。

0コメント

  • 1000 / 1000