お寺のタケノコおすそわけ

 春から急に初夏になったようで、本当に季節の移り変わりは早いものですね。お寺のサクラもまたたく間に散ってしまい、早くもタケノコの季節がやってまいりました。

 昨日、何気なく境内の裏山を見ていたらなんともうタケノコが生えているではありませんか!

 例年ですと、4月の中旬~ゴールデンウイークくらいまでがピークですが、今年は暖かい日が続いたせいか1~2週間早いようです。

 毎年、タケノコが出ますとお檀家さまやご近所の方におすそわけをしています。そういった有縁の方々に配り終えましても、まだまだタケノコは生えてきますので、3年ほど前からお寺にお参りの方にも「ご自由にお持ち帰りください」ということで、山門の下に置いています。

 朝のおつとめが終わったらタケノコを掘ります。

 心行寺のタケノコは身がしっかりと詰まっていて肉厚で、我が家では焼いたり、タケノコごはんにして食べています。

 新鮮ですので、「えぐみ」が少なくとてもおいしいと思います。私は、あく抜きもしていません。


 さて、今後の「お寺のタケノコおすそわけ」についてはツイッターでお知らせする予定です。

 朝、タケノコを掘りましたら写真のように山門の下に置いてあります。

 タケノコを掘るのは不定期ですので、毎日ではありませんのでご了承ください。



 最後に、タケノコの生命(いのち)に日々感謝、タケノコをいただく前にどうぞ本堂にお参りして阿弥陀さまにお手をお合わせくださいますように。

浄土宗 心行寺

横浜市都筑区にある浄土宗のお寺、「心行寺」のホームページです。 当山は「紅葉のお寺」として親しまれており、晩秋には境内が赤や黄色に染まります。 また、境内には水琴窟がありお手を清める際は、水の滴る美しい音色も併せてお聞きください。 横浜市営地下鉄「センター南」駅より遊歩道を歩くこと7分、 豊かな自然と静寂に包まれた四百年の伝統ある古刹に、是非一度足を運ばれてはいかがでしょうか。

0コメント

  • 1000 / 1000